どうということもない

どうでもいい、だけど忘れたくないこと

※この物語はフィクションです


※この物語はフィクションです


ギラギラと照りつける店内の照明の中で、私はただ1人、ポツリと浮いていた。出勤が終わると大学へ行ったし、アフターなんて行かずに渋谷から山手線に乗って、眠気と戦いながら田町駅で降りる。


出勤は朝の6時。平日は5時45分に渋谷に着く電車に乗っていた。早起きして、ピンク地にたくさんレースやらビーズが着いたドレスを着る自分の阿呆らしさ、不格好さに涙を流した日もあった。周りの子達はこれから起きて大学へ行くのか、と思うと余計に涙が止まらなかった。


最も若いのは、私より一つ下の子だった。当時19歳の、年端も行かない女子大生で、金髪に人形のような大きい目がよく映えた。実家がとてもお金持ちで、一応大学には在籍しているが、ほとんど行っている様子はなかった。

「私マジでお金持ちなんです、家とかやばいデカくて、チョーすごいんです、でもね、この職業になる夢諦められなかった」


顔も小さく可愛くて、夜から歌舞伎で働き、月に何百万も稼いでいた。それも全て、薬やホストに使ってしまい、口座残高は0。スレていたが、セックスが嫌いな不思議な子だった。私が今まで出会った人間の中で、この子が一番好きな人間だ。そして、それはこれからもきっと揺らがない。


夜に歌舞伎の店で2位をもぎ取っていた彼女は、毎日飲みすぎて朝は必ず血を吐いていた。マロリーワイス症候群というやつだ。



私はたった一人の年下がとてもかわいくて、大好きで、心配で、いつもトイレで彼女の背をさすっていた。そんな私は、どうやら彼女に気に入られたらしく、

「○○さぁん、この店オバサンばっかで今やばいじゃないですかぁ、だからウチらでナンバーワンになってぇ、店の看板になりましょ、ウチ絶対1位とるんで、頑張りましょ」

真っ白な便器の前でドカッと座り込み、口の端から真っ赤な血を流す彼女からそう、何度か言われていた。


その度に「ありがとうな、お前も無理すんなよ、いずれ死ぬぞ」だとか、「頑張ろうな、ウチら」と言っていた。この時が自分の人生のハイライトかもしれない、と思うくらい、暗闇の中で鈍く光っていた。


しかし、精神的に耐えることが出来ず、3ヶ月目の日に、思い立ったかのように、私はこの店から飛んでしまったのだった。


続く・・・かもしれない

ミスコンに落ちました!


言い尽くせない疲労感と敗北感で満たされた今日は、浅草線の赤いシートが、深く濁って見える。胸が詰まり頭も痛い。こんなに具合が悪いのは久しぶりだ。東京の空気は冷え、皮膚へと鋭く刺さる。

単刀直入に言うと、私は落ちたのだ。

メールにはハッキリと示されていた。

「誠に残念ではございますが、ご希望に添えない形となりました。」


慶應で行われるミスコンテストに応募したのは初めてだった。去年はミスiDに応募して、書類で落ちた。慶應のミスコンに応募した理由は、4年は大学最後の年なので、何か自分がこの大学で生きた爪痕を遺さねば、と感じたからでした。

嘘です、1年からずっと出たかったです。出すのはタダなので、どうか許して下さい。


4月の下旬、応募してみたんだよね、とそっと呟くと、母は目を輝かせた。そこからゴールデンウィーク、青森へ向かうと、親族一同に「あまねはミスコンに応募したのだ」母から言いふらされた。相対するは愛想笑いや、こわばった表情たちだった。


ゴールデンウィーク中に得たものは、母と祖母は私を、「慶應の4年生で有名企業を受けている、作品」として祀り上げているという事実だった。鶴田町の様々な人に会う度に、母も祖母も「慶應」「ミスコン」の文字を絶やさなかった。親戚の引きつった表情を、私は一生忘れないだろう。会話には尾ひれをつけにつけまくられ、東京に帰る頃にはすっかり精神が疲弊していた。悔しかった。自分は一体なんなのだろうと、自問自答ばかりしていた。


しかし田舎から東京へ戻り、本日冒頭のメールを受け取ってしまったのだった。

やっぱうちブスだもんなぁとか、性格曲がってるし気持ち悪いもんなぁとか、色々と自分の落ち度を探しこんでは、今では更に落ち込むことを繰り返している。あまりにも不毛だ。

芸能関係や元々有名だった子が通っていたみたいだけれど、そんなことはどうでもいいのだ。私が落ちているという厳然たる事実がそこにあるだけで、私の世界は何も変わらなかった。


こうなることを予測していたからこそ、更に彼女達の落胆の表情を見ることへの恐怖が増長する。母は私が帰宅すると、ミスコンに落ちたなら、第一志望の○○に通ればいいのよ。と、言ってくるはずだ。それでいいのだろうか?今にも逃げ出したい。何もかも捨てて、由比ヶ浜で泣きたい。バイトが終わり、家という開放感のある地獄へ向かう。


列車は、あと二つで最寄り駅だ。



令和とおじいちゃんと私


こんばんは。部屋とワイシャツと私のリズムに乗せて、おじいちゃん大好き系JDのamaneです。もうあとほんの少しで、新元号令和ですね。お疲れ様でした平成。


本日、私は東京から新幹線で新青森まで来て、奥羽本線で川辺まで、そこから五能線に乗り鶴泊まで来ました。他の国のごとく強い方言が飛び交い私がいます今この村は、鶴田町は鶴泊。

鶴が泊まる、つるどまりで御座います。


f:id:amane0117:20190430232203j:plain

GWは沢山人がいますが普段はがらん


さて、幼少期は母の実家ということで頻繁に出向いていた青森ですが、最近はそうでもありませんでした。ここへ来たのは2年ぶり。

母が三姉妹なので歳の近いいとこたちといつも遊びに来てはちょっとした騒動を巻き起こしていました。あの頃は最高でしたね。


実は、2週間ほど前に突然なんの前触れもなくおじいちゃんが脳卒中で倒れ、母が青森へすっ飛んで行きました。生存確認は取れましたが、半身麻痺の症状。会うまでは本当に不安でした。先ほど私も会ってきましたが、だいぶ回復して、なんと1人で立てるようになっていました。


今日は平成も最後なのでなんとなく、私とおじいちゃんのエピソードをつらつら並べていこうと思います。

何よりも、うんと小さい頃から私は母からかなーり強めの教育、指導を受けており、(父はその分めっぽう甘い)。父方の祖父は私の小学1年生時に死別。父方の祖母はとても厳しい人で、頭が良くなければ意味が無いと言っている人で、食べ物を好き嫌いしようものならいつも大声で叱られました。

母方の祖母はずっとワーカホリックで、仕事してない時間の方が少なかったのであまり会えず、必然的に夏には必ず会えて、優しくて、とっても甘くて、構ってもらえるのが母方の祖父だったんです。生きているだけで認めて、褒めそやしてもらえるのが、父と祖父だけだったような、幼心にそんな気さえしていました。

ちなみにおじいちゃんの家はりんごジュースを生業としています。スチューベンのジュースも作ったりしてます、美味しい。


f:id:amane0117:20190430233217j:plain

亡くなった曾お祖父さんがもの好きな人で、豪奢な応接間は自慢なんです。

この絵画の女の人がいつ動くか、いとこ達で賭けた記憶があります。もちろん動きませんよ。

f:id:amane0117:20190430233330j:plain


おじいちゃんとはよく、軽トラックに乗せてもらって一緒にアイスクリームやキャンディーを買いに行ったり、新しい種類のできたてリンゴを食べさせてもらったり、何度も同じお話を読み聞かせてもらったり、(キューティーハニーセーラームーンを、津軽弁のおじいちゃんが読むという妙はかなりのものでした)

その当時5歳から小学校低学年まで、私はメガネかけた都会っ子で、漫画とニンテンドーDSだけが友達みたいな子供だったので、青森で感じるもの何もかもが新鮮でした。その中で格段に優しくしてくれるおじいちゃんの存在は、光り輝いていました。無償の愛を与えてくれる聖なるもの、そのくらいに崇高だと思っていたんです。


f:id:amane0117:20190430233629j:plain

母たち三姉妹で集めた漫画たち。後にもびっしり詰まっています。妖精王とかいいですよ


しかし、いつまでもそういう訳にも行かず、私が高校になって受験勉強をしだした頃から、すっかり行かなくなりました。大学の2年の時に思い出したようにフラーっと、寺山修司記念館に行くついでに行きましたが、それ以降はめっきり行かなくなってしまいました。

久々に会えて涙を流すおじいちゃんの姿が、今でも鮮明に思い出せます。

まあさっきも会ってきたし、そこで大号泣されたんですけどね。可愛いですね私のおじいちゃん。最高ですね。


はてさて、何はともあれ、新しい元号のお祝いをおじいちゃんと明日もできることに、全ての感謝を込めまして、これにて平成はおやすみなさい。お疲れ様でした、ありがとう。


他人の不幸フラペチーノ

他人の不幸フラペチーノ


という言葉を思いつき、今日はずっとるんるんしていました。スタバではいつ取り扱いますか?春の限定メニューにいかがかしら。

材料が安く済みそうだし、人気メニューになるわね。ね、そこの店員さーん


私は他人の苦しんでいるところを見るのが大好きです。たくさん悩んで足掻いて、もがいて、成果や物、人にすがりつこうとする姿が、大好きなんです。泣いて苦しんで、そのおかげで怒ってる人、みんな好き。自分が苦しむのはあんまし好きじゃないけど。


サディズムとかそんなんじゃなく、(私はマゾ)人間独特の複雑なマイナスの感情が、とっても愛すべきものだなあと思っているんです。

楽しい嬉しい、ポジティブな感情も好きだけど、悲しいつらい、不幸って、面白い。

負の感情の方が、表現の幅が大きいじゃないですか。こちらを睨みつける表情、涙、地団駄、殴る、自傷、性行為、それすらもある種、負の表現になる時がありますよね。何でもかんでもマイナスの感情を根源としてる。

あーやっぱいいな。やっぱいいわ。泣きそうな顔をしてこちらを睨みつけるお前は。お前は、最高だわ。生きててよかったなー

何度も言うけど、私はサドよりマゾです。


マイナスの感情に覆われている貴方が私は大好きなので、これからもずーっとずっと、悩んでいてね。苦しんでいてね。


とってもつらいね。ずっと、そこから抜け出さなくてもいいし、抜け出したらまた戻ってきてね。だってきっと戻ってくる。

だから私はいつもここで、フラペチーノが出てくるのを待ってます。


まだかなぁ、そろそろ来るかな


他人の不幸フラペチーノ ください

K-POPアイドルと昭和日本アイドルの相関性


アイドルが好きです!!!

特に、1970〜90年代にかけての日本のアイドルと、90年代〜現在にかけてのK-POPアイドルが大好きです。


ピンクレディーが一番好き 全部踊れます

f:id:amane0117:20190426110023j:plain


K-POPでも特に、2008年から2015年あたりが好きですね。なぜかというと、音楽番組の演出が、昔の日本の音楽番組に似ていたからです。ザクザクしたMC、衣装もキラッキラ、ステージがとにかくド派手!(まあそれは今もか)マッチや明菜ちゃん、トシちゃんの出ていたザ・ベストテンそのものやないか?!と思う時があるわけです、1位超祝うしあれも。ザ・ベストテン夜のヒットスタジオは、今はケーブルテレビとかで観れると思います。youtubeにも落ちてるけどたぶん


まあもっと深い理由があるのでそこを話します


さて、基本的にK-POPは地上波とケーブル含め1週間に6個も音楽番組があって、アイドルちゃん達は、新曲のたびに平均して4〜5の番組に出演するんですね。(楽曲出して音楽番組でないパターンもあります)1つのステージに一曲。滅多なことないと日本のMステみたいにメドレーオンパレード!メドレーそしてメドレー!みたいなことはしないです。ただその分、コストがやばい。1つの番組の1ステージに、事務所は100万くらいかけてるらしいです。(様々、衣装代やら雑多なものも含んで)


ぇマヂゃばくなぃ?週に500万とか使ぅの?

大学卒業できるくない?その金額


まあこれが闇の深いところでもあり、こんなコストかけてやってんだぞお前達には!とか事務所のえらーい人に言われることもあるらしいです(あ、あくまでも噂ですよ…)


それだけあるのか、なんか、K-POPアイドルって気概が違う気がします。もちろん日本のアイドルも頑張ってるなーとは思うんですけど、向こうの方がホラ、あの、ブラックみがあるというか…。小学校や中学校の頃から練習生だった子も、大学生くらいの歳から練習生になった子も、結構捨て身なんですよね。大学に通うアイドルもいるけど、珍しい。慶煕サイバー大とか、通信制が多いですね


まーそれで練習生の数なんて尋常じゃなくて、いつも金を搾取され、3年くらい実家に帰れず、10時間は練習。あとは勉強。(流石にもうこんなんじゃないのかな?)

そこでデビューできなかったらバックダンサーになるかマネージャーになるか、何もかもやめて高卒の人になるかの3択。晴れてデビューできたら、毎週何百万もかけられて憧れの的。ストーカーみたいなファンがいても、食事が鶏むね肉とサラダだけでも幸せライフだと思うくらいな、エグエグマインドの人達な訳です。


〜余談〜

SMエンタ(NCT.EXO.少女時代とかの事務所)なんて特にそうですけど、実家デビューした人はお金持ちのいい子が多いです。歌の才能が飛び抜けてる人、顔が飛び抜けてる人はまた別ですが、(中には3つ全て持ってる人います、ユクソンジェとかね)これは多分そういう戦略ですね。お金持ち産まれつき好感度高い。育ちいい子はどこに出しても良い。


f:id:amane0117:20190426105729j:plain

どうもー、実家が金持ち顔も小さく背が高く、歌が上手い!BTOBユクソンジェでぇ〜す(しかもエゲツない面白い)


ただ逆もまた然りで、ジェジュンやユノの貧乏エピソードは有名ですね。てかジェジュンはマジでやばい。みんな検索してほしい。ドラマみたいですよ。それなのにあんな日本語上手くて、芸人さんに気に入られて日本の番組いっぱい出てんのやばい。ハングリー精神、かっこよさ、可愛らしさの塊です(ジェジュン推し)

話が逸れましたほんっとすみません

〜余談終わり〜


でね、この苦労を乗り越えてデビューしてもまだ苦労してます。1位取るまで給料払わないとかあるし(あくまでも噂すよ!)

こういうのを見て、私が似てんなあと感じるのは、「ピンクレディー」、「中森明菜」、「岡田有希子」この辺りなんですよね。


ピンクレディーは、殺人スケジュール(平均1.5時間睡眠、盲腸の手術後ラップを巻いてコンサートに出演、気が狂ってやがる…)

中森明菜ちゃんは、オーディション番組出演のチャンス最後の最後でやっと合格、以降自身の思惑とは裏腹にツッパリ系で売れ、なんやかんやでうんたらかんたらで自殺未遂(検索してー)

岡田有希子は書くと泣いちゃうので書きません。1986年、日本は、素晴らしい才能を失ってしまいました。うえぇんユッコ…


さて、80年代の日本のざっくりとした音楽業界における闇はお分かりいただけたでしょうか…まあなんか、こんな感じがするんですよね。韓国の音楽業界、特に3〜4年前まで。この人たち死んじゃうんじゃないかなあみたいな、不安を煽られる感じで、ハラハラしながら見てしまう。


ただ、今は海外展開がヤバいし、世界的なK-POP大フィーバーです。ビルボードBTSの文字が並び、グラミー賞でもその姿を拝めるという。書いてて変な声出る。だからこそ、かけられてる金の量や、人的コストなんかもレベチだと、今ではそうなったんじゃないかなと、信じています。


ユッコの悲劇がアイドルの世界に2度と訪れないよう、と思ったら、ユッコの命日がジョンヒョンの誕生日の4年前で、とっても不思議な気持ちになりました。ジョンヒョン、あなたはもしかして、ユッコだったのかな…?

f:id:amane0117:20190426110346j:plain

だって、こんなに可愛いもんね。


今日はとりあえずここまで。


⚠︎今回の記事は、今まで私が見聞きしてきた情報による憶測を多分に含みます。あくまでも雑食な1アイドルファンの意見、考えでございます。日韓音楽番組は、相互に刺激し合うことで進化を遂げたと感じています。ダウンタウンに取り上げられることで、ソバンチャの曲が流行ったりもしていましたし、どちらが先行でどちらが後行ということではありません。音楽含め、芸術は常に平等です。

というのも、私個人の意見ですが…!


いや注意書き長っ。

自己紹介と性指向の話


こんにちは、各所でレズにされそうです。なんちって、冗談なんですけどね。


あ、そういや自己紹介してなかった。


私はamane!慶應義塾大学、文学部四年生

英米文学専攻井出新研究会所属!


負のオーラが強めのサブカル女です。

サークルは放研とかNaviとかテニミュ研究会とか、貧乏旅行部とか結構色々入ってます


趣味はイラスト描いたり、映画見たり、本読んだり漫画読んだり、ゲームしたり、音楽聴いたりアニメ見たり。観劇、ダンス、コスプレも好きですね。ひとり旅もします。

ギターたまに弾きます。下手だけど。まあこんな感じなので、すぐ時が過ぎています。

得意なことは煽り、人の悪口、キャラクター名の暗記、浪費です。うーん、最低ですね。

かくし芸は耳が動くこと。

不得意なことはスポーツ。

なんでも大体食べます。酒は好きでも弱い。


性趣向は、「男性が好きです。」


さて、そんな所で、最近までノーマルだと思ってたんですけど色んな方面からレズに仕立てあげられようとしてます。(言い方が悪いですね)全然フィジカル面のアレコレではないです。詳しくは控えるんですけど、色々女の子からお便りを頂くことが増えまして。これは私の随一の自慢なのですが、最近女の子にモテます。うーん、嬉しい。


アセクシャルなのかなあと思うんですけど、好きになると周り見えなくなるタイプの女なので、そんなことも無いのかなーと。


そしてこの間はじめてゲイバーなるものに行ったら、もう速攻でマスターに「あなたレズね!でも私の好きなタイプのレズよ!安心して!」と言われてしまいました。エェ…


美しい女の子だったり、かわいい女の子は、最も愛で褒めそやすべきものと考えていたので、(長いことアイドルのファンだし)あ、そういう気があるかもなとは思っていたのですが、最近になってだんだん確信に変わってきたというか、自分の中の破茶滅茶に流されやすい部分が「アリなのでは?」と考えるようになってきました。


一回試してみるのは全然いいなと思うんですけど、付き合うってなったら難しいですよね。あ、でもわからん、pristin(K-POPアイドルグループ)のギョルギョンとか、EXID(同上)のハニちゃんなら鬼のようにアリですね、アリとかいえる身分じゃないんですけど私は。この人たちは常に、常に見たい。


f:id:amane0117:20190421124320j:plain


こちらpristinのギョルギョンちゃま。安達祐実と美しさという名のダークマターを足してこの世に生まれてしまった美の化身。

f:id:amane0117:20190421124429j:plain


まあ大体の人が付き合いたいですよね。

わかります。美し過ぎて目が持たないかな。

男女ともに美しい人が好きなので、それがセクシャルに出てきてるんですかね…?

全くわからない、自分のことなのに……、ハッ君はまさか、もう1人のボク…?!(ここで流れる、bgm熱き決闘者たち)


遊戯王だと御伽くんが好きです、全然出てこないけど。すごいかわいいのにハイスペ。


全然まとまらなかった。かいてみたけど。

性に関することって本当、無意識野な気がするんですよね。酔ってワンチャンしたとか、無意識下での繁殖行為への欲求じゃないですか。やっぱり人間、繁殖したいんですね。あ、でも全員が全員ではないと思いますよ、もちろんね。アセクシャルの人だっているし、色んな人がいていいと思います。


でも、世のワンチャン大学生達は少子高齢化をちゃんと自覚してるんです。超立派やん。これからの日本の未来、任しときや〜と思ってるわけです無意識野では。すっげー。

今日は選挙なので、日本の未来のために近くの小学校まで投票に向かいます。任しときや〜


それではまた。

モンキーパンチ先生へ捧ぐ

f:id:amane0117:20190417230652j:plain

 

あなたの凶報から始まる一日。

それでも日常が訪れる不思議。

 

本気で大好きなんです。

ルパン三世という漫画作品が、そしてモンキーパンチ先生が。

パキッとした色遣い、洒落た言葉つかい、セクシーさ。いつもどんでん返しの起承転結。

絵も内容も最高にお洒落で、ニヒルなんです。クラリスにお花とか死んでも渡さない。それがすぐ灰になって、高笑いしながら、「お前もいつかそうなるサ」なんていう男なんです。原作のルパンはね。性格がよろしくないの、すぐセックスするし、決まった相手もいないし、人を騙し、盗む。

 

元々ルパン三世のテレビスペシャルが大好きで、その日は一年のうちの一大イベント。

こまっしゃくれた中学生だった私は、デビルマンAKIRAを読み漁りっていて、ある日書店の漫画文庫コーナーでルパン三世の原作漫画を見つけました。

 

買って読んでみると、私にはビリッとした衝撃が走ったのです!なんこれ!思ってたんと違う!

 

f:id:amane0117:20190417233805j:plain

 

「自分はヤバイ物を見つけてしまった」これがその時の感想でした。殺すか殺されるか、ヤるかヤられるか。多角的なアダルティーは中2病の悶々した心に刺さりまくり、背筋がゾクゾクしました。

 

そこからは新ルパン、旧ルパン、ルパンY、新冒険、ルパン小僧と買いあさり、ガラケーの公式サイトに毎月315円の課金をして、駄々こねてアニマックス契約、着メロはゴエモンの「つまらぬ物を切ってしまった」でした。恥っずなにこれ、黒歴史ですね。あー恥ずかしいあー恥ずかしい。なんか確か二次創作とかもしてた。HTMLでクソダサいサイト作ってたし、あー恥ずかしい。

でも、大切な思い出です。HTMLはwebの藻屑と消えて、漫画は大学受験期に全員売られていきましたが…

 

f:id:amane0117:20190417233900j:plain

 

そうやっていわゆるルパン三世大好き期を卒業してしまった私ですが、モンキーパンチ先生の動向は気になり、常に検索してチェックしていました。あっ今追手門学院の講師なのか、とか、えっ北海道帰っちゃったんだ、とか。検索してたのなんてほんの3日前くらいで、あっ、北海道の故郷にいる、たぶん療養か何かなのかなあとは思ってました。でも、まさか亡くなってしまっていたなんて。

 

私が検索した時には、もう既に向こう側にいたのかもしれません。こういう時、本当にファンは無力ですね。

 

長くなってしまいましたが、最後ここに、謹んでモンキーパンチ先生、加藤一彦さんのご冥福をお祈りします。

 

あなたの構成力、表現力、コンピュータグラフィックスへの先見の明。全て素晴らしく偉大なものでした。遺していただいた、宝である作品を!少しでも魅力あるものとして、世の人々に伝えていければと、微力ながらそう、考えています…!

お疲れ様でした。

ありがとうございました。

大好きです、これからもずっと。

モンキーパンチといえば、最期はやはりこれでお別れですね。

 

 

        f:id:amane0117:20190417233551j:plain

 

ご苦労さんでした。